ブレーカーの交換は大事!経年劣化などに注意しておくべし

新着情報

ブレーカーの交換が必要となるケースを知っておこう

作業員

ブレーカーってどんな装置?

住宅内で電気を安全に使用するために重要な装置が「ブレーカー」となっています。もし、漏電などのトラブルが発生してしまったら火災や感電などのトラブルが発生するでしょう。漏電はブレーカーの異常でも発生してしまう恐れがあるので、故障や使用家電が増えたなどの変化があれば交換を視野に入れることです。安全に電気を使用するためにも、ブレーカーを交換する重要性を把握しておくと良いですよ。

ブレーカーの経年劣化

漏電などのトラブルを回避するためにもブレーカーの交換が必要なことが分かりましたが、具体的にどのようなケースがあれば交換した方がいいのでしょうか。交換が必要なケースにまず、ブレーカーの経年劣化が挙げられます。ずっと同じブレーカーを使用していると経年劣化で落ちる、漏電が発生しても気付かないなどの問題があります。そのため、ブレーカーの使用年数を考慮して交換を実施した方が良いでしょう。

契約アンペア数を変えたとき

ブレーカーを交換するケースとして、契約アンペアが変更になったときもあります。住宅内で使用する家電が増えた場合、使用電流も増えるのが一般的です。その際に元々使っているブレーカーでは対応がすることが出来なくなって、ブレーカーを交換する必要があるでしょう。その他にも、電力プランの変更に伴ってブレーカーを交換するケースもあります。

業者に依頼して交換をしよう

ブレーカーの交換は、専門の業者に依頼するのが基本です。ブレーカーは精密機器となっているため、専門的な知識と技術が無いと取り扱いが難しいです。また、素人が下手に触ってしまうと予期せぬトラブルが発生する可能性もあるので、安全性を考慮して業者に依頼しましょう。

業者を利用する流れ~依頼から支払いまで紹介~

依頼のお問い合わせ

ブレーカーの交換が必要になった場合、まずは専門の業者に依頼のお問い合わせをしましょう。ブレーカーの交換などを取り扱っている業者が全国各地に存在しているので、積極的に利用することです。依頼方法は主に電話やメールで対応しています。

見積もりを取る

依頼のお問い合わせをすることが出来たら、次は業者の作業員が現地調査をして見積もりを出していきます。実際に交換を希望するブレーカーを確認して、発生する費用などを提示してくれるでしょう。見積もり内容で正式に依頼をするか検討します。

作業開始

見積もり内容に納得することが出来たら、作業開始になります。知識や技術、スキルを十分に持ち合わせている作業員が交換をしてくれるので、安心して任せることが出来ますよ。なお、作業中でも気になることがあれば、お気軽に確認していきましょう。

お支払い

作業が無事に終了したら、作業員と一緒にブレーカーの確認を実施します。確認をして特に問題や気になる点が無ければ、そのままお支払いという形になります。発生する費用は、見積もりで提示してもらった額と変わることがないので安心です。

資格が無いとブレーカーの交換が出来ない!?

ブレーカーの交換は電気工事に該当するので、基本的に電気工事士の資格を持っている人のみ交換を実施することが出来ます。もし、資格を持っていないのに交換をしてしまうと罰せられる可能性が高いので、気を付けましょう。ほとんどの人が資格を持っていないと思うので、業者に依頼するのが賢明と言えます。

ブレーカーの交換は業者に相談!

生活する上で欠かせない電気ですが、安全に使用するためにもブレーカーの存在は大きいです。そんなブレーカーも故障や経年劣化、契約アンペアの変更などで交換が必要になるので、そのときは専門の業者に任せるのがポイントですよ。トラブルを回避するためにも業者に相談していきましょう。

広告募集中